山間部で農業起業するなら猪対策は絶対必要

農家の日常

山間部で農業をするなら猪対策は必須です。

猪が増えないような対策をもっと行政がとっていくべきだと思いますが、決定的な対策がなされていない状況です。

地元の猟友会に期待しても、彼らは猪が増えてくれるのは大歓迎みたいなんです。

そもそそ猟友会なんて猟をしたい人達が集まっているので、猪が増えてくれるのは好都合なんですね。

医者が趣味でやっていたりしますからね。

猪が撲滅してほしいと思っている農家とは考え方のスタンスが違います。

柵により猪の侵入を防ぐ

農家は農家なりの猪対策をするしかありません。

農地をこのような柵で囲うことにより猪の侵入を防ぎます。柵を購入する時には行政から補助金が支給されます。

この柵ですが下の部分が間隔が小さくなっています。

間隔が小さくなっていないと、瓜坊が入ってきます。

猪は米が大好きです。

隣で米を作っている方は柵を設置しても猪が入ってくるので、柵にトタンを張り付けました。

田んぼに猪が入ると米が臭くて食べれなくなるみたいですね。

余談ですが、山間部で作られた米は平地で作られた米に比べて美味しいと言われていますし、値段も少し高めで買い取ってくれます。

水が綺麗だから美味しい米ができるんです。

電気柵で侵入を防ぐ

電気柵で侵入を防ぐ方法もあります。

柵に比べて設置が簡単という利点もあります。



これが電気を流すための機械です。

車のバッテリーを電源として使用しています。

電気柵の欠点は、「電圧が下がると猪が入ってくる」ことです。

電柵の電圧チック

電圧管理はこのような電圧チェッカーを使います。

地中に電極を差し込み、

電気柵の電圧を測定します。

草が電柵に引っかかると漏電して電圧が下がります。

電柵は雑草の管理が大変ですし、草刈り機で草を刈っていると、電柵の線を誤って切ってしまうことがしばしばあります。

電気柵だけだと電圧が下がった時に猪の侵入を防げないので、ネットと併用して設置したりします。

こうすると猪の侵入をかなりなくすことができます。

猪は泳ぐ

猪は泳ぎます。

このくらいの池なら泳いですぐに侵入されます

捕獲用の柵を設置

捕獲用の柵を設置したりします。

中に餌を入れて置き、侵入を防いだりします。

最後に

山間部の農家は猪対策に追われています。猪が頻繁に出没する地域ではサツマイモを作る農家はなくなりました。

猪はサツマイモが大好きですからね。

もう少し行政が本腰を入れて猪対策をしないと、山間部で農業をする人間がいなくなります。

本格的な猪対策に行政が乗り出すことを期待したいですね。



The following two tabs change content below.

かぐや姫 おじいさん

香川県三豊市で柑橘づくりに燃える一児のパパです。柑橘づくりをする時に必要な知識、農家の現状をブログで説明していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました